« 終了したLIVE2011! | トップページ | 昨日のOFFSEASON&大橋可也&ダンサーズ »

2011年3月22日 (火)

終了したLIVE2011!

3月21日(月・祝)  六本木スーパーデラックス

蛍光灯楽器オプトロン奏者 伊東篤宏 &ノイズギタリスト 黒パイプスターダストらとのオプチカルノイズユニット OFFSEASON http://www.youtube.com/watch?v=5xEJSiYpph8&feature=related  で。

Dsc_4588x

ダンスカンパニー 大橋可也&ダンサーズ http://www.youtube.com/watch?v=6B4qsBgnhUg&feature=related とのコラボLIVEです。

3/21「Action, Sound, Conflict」開演時間変更のお知らせ

3/21(月・祝)にスーパーデラックスにて開催する大橋可也&ダンサーズ+空間現代「Action, Sound,
Conflict」は先日の震災による計画停電などの状況を考慮し、19:00の開演時間を2時間前倒しして開催することになりました。
開場は16:30、開演は17:00となります。終演は20:00を予定しています。

どうぞ事前に交通機関の運行状況をご確認のうえ、お気をつけてお越しください。
チケットの予約は、3/21の8:00まで受け付けています。

Webから予約フォーム

http://dancehardcore.com/archives/000589.shtml
または、メールtickets@dancehardcore.comにてご予約ください。

Action, Sound, Conflict

大橋可也&ダンサーズ+空間現代始動。
第一弾企画は、日本のヒップホップ創生期から活動を続けるカリスマラッパーECD、三浦直之率いる最注目の演劇集団ロロ、カテゴライズ不能なサウンドとステージングで話題を集めるcore of bells、伊東篤宏+HIKO(GAUZE)+黒パイプスターダストによるオプチカルハードコアノイズバンドOFFSEASONをゲストにむかえ、世代もジャンルも超えた闘争の夜「Action, Sound, Conflict」!!

大橋可也&ダンサーズと空間現代。この組み合わせには強烈な必然性を感じる。ほとんど運命にも似たインテンシブな納得を。
だが恐らく、実際の遭遇はそのような感覚を根こそぎ喰い破るようなものになるだろう。
肉体と音楽の容赦なき闘争。アクションとサウンドの絶対的邂逅を目撃せよ!
佐々木敦

[Special Guests]
OFFSEASON(伊東篤宏+HIKO+黒パイプスターダスト)
core of bells
ロロ
ECD

[大橋可也&ダンサーズ出演]
皆木正純、宮尾安紀乃、とまるながこ、山田歩、唐鎌将仁、エフテル・プリュン
阿部遥、小松杏里、山本晴歌、坂入友里香

[日時]
2011/3/21(月・祝)
18:30開場 19:00開演

[会場]
六本木Super Deluxe
東京都港区西麻布3-1-25 B1F
六本木駅より六本木通り沿いを西麻布方面へ徒歩5分
Tell: 03-5412-0515

[料金]
2300円(前売・25才以下) 2800円(前売・26才以上) 3300円(当日)
※ドリンク別
※25才以下のチケットは大橋可也&ダンサーズのみの取扱い

[チケット取扱い]
チケット申込みフォーム

メールでの申込み
tickets@dancehardcore.comまで、1. お名前 2. ふりがな 3. 券種(25才以下/26才以上)4. 枚数 5.電話番号をご連絡ください。携帯のアドレスをご利用の場合はdancehardcore.comからのメールを受信できるよう、設定してください。

e+(イープラス)

JCDNダンスリザーブ

問い合わせ:office@danehardcore.com

企画・制作:大橋可也&ダンサーズ+空間現代
主催:大橋可也&ダンサーズ

ECD
1960年生まれ。日本のヒップホップ創生期から活動を続ける。自主レーベルFINAL JUNKYを運営。著書 「失点・イン・ザ・パーク」 「ECDIARY」 「いるべき場所 」

ロロ
2009年5月、三浦直之の処女作『家族のこと、その他のたくさんのこと』が、王子小劇場「筆に覚えあり戯曲募集」に史上初入選したのを機に旗揚げ。同年は「毎月芝居します!」と宣言し、現在までの一年半の間に12本の作品を発表する。三浦自身が触れてきた演劇や小説、映画、アニメや漫画などへの純粋なリスペクトから創作欲求を生み出し同時多発的に交錯する情報過多なストーリーを、さらに猥雑でハイスピードな演出で、まったく新しい爽やかな物語へと昇華させる。

core of bells
2003年湘南で結成。カテゴライズ不能の自由極まりないサウンドと、一見「非・音楽」とも思えるアイデアでその音楽性を揺るがす手法が評判を呼び、その目を疑うほどに珍奇かつ圧倒的なステージングで話題を集めている。

OFFSEASON(オフシーズン)
美術家の伊東篤宏、GAUZEのHIKO、黒パイプのスターダストによって2007年春に結成される。以降、「酷い部屋」「ド・ノイズ」といった自主興行を精力的に実施し、永田一直、吉田アミ、大谷能生、野本直輝、大橋可也&ダンサーズ、Anthony Bisset(US)、Overload Collapse(CH)といった人々との共演を含むライブ行為を重ねる。2009年秋にはスイス・ローザンヌのフェス「LUFF」出演の為に渡欧。同ツアー中に南仏マルセイユで出版芸術家Pakito Bolinoと出会い、現在に至る。バンド名はジャック・ケッチャムの小説タイトルより拝借。

空間現代
2006年結成、野口順哉(gt.vo)古谷野慶輔(ba)山田英晶(dr)によるオルタナティブロックバンド。異なるリズムのリフをぶつけ合わせる事で生まれる複雑でシュールなアンサンブル、変拍子や変則的展開の多用により、マッシュアップやカットアップ&コラージュを彷彿とさせる特殊な楽曲構成が主な特徴。2009年12月、UNKNOWNMIX/HEADZより1stフルアルバムを発売。ECD、飴屋法水など先鋭的なアーティストとのコラボレーションも積極的におこなっている。

詳細  大橋可也&ダンサーズ  http://dancehardcore.com/archives/000584.shtml

     六本木スーパーデラックス  http://www.super-deluxe.com/2011/3

|

« 終了したLIVE2011! | トップページ | 昨日のOFFSEASON&大橋可也&ダンサーズ »

過去」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405512/39327613

この記事へのトラックバック一覧です: 終了したLIVE2011!:

« 終了したLIVE2011! | トップページ | 昨日のOFFSEASON&大橋可也&ダンサーズ »